※表示価格は参考上代です。

愛媛県知事賞 子規の愛した菓子パン
(株)いろは屋
写真 ●内容量こしあん、つぶあん、クリームパン、温食パン(芋)、温食パン(紫芋)の5種類の詰め合わせ ●945円(セット価格・税込)
正岡子規の最晩年の随筆「仰臥漫録」の中で、子規は病床に伏しながらも好んでパンを食べていた記述があり、そのパンが色彩豊かに描かれています。このパンを当時のレシピと製法で現代版に復刻したのが本品です。米と米麹を発酵させた酒種をパン生地に練りこみ、ゆっくりと発酵させ、焼き上げる酒種製パン法。酒種の芳醇な香りが漂うもっちりとした素朴な生地の味わえます。

● 問い合わせ先
(株)いろは屋
松山市清水町3丁目70-2
tel.089-923-5688 fax.089-924-5559
http://www.irohaya.co.jp/
e-mail:bakery@irohaya.co.jp
 
松山市長賞 道後焼酎 萬翠
水口酒造(株)
写真 ●内容量720ml ●2,835円(税込)
仕込みに大吟醸の酒粕を贅沢に使った、華やかな香りとまろやかで上品な口当たりはそのままの、アルコール度数34%のまさに和風スピリッツのような味わいの酒粕焼酎です。翠深き勝山の中腹にある、旧松山藩主、第十五代当主久松定謨の別邸『萬翠荘』の名をいただき、『萬翠(ばんすい)』と名付け、ライトアップされた萬翠荘をイメージし、光を浴びると鮮やかなグリーンに輝く特別なボトルに詰めました。

● 問い合わせ先
水口酒造(株)
松山市道後喜多町3-23
tel.089-924-6616 fax.089-924-3707
http://www.dogobeer.co.jp/
e-mail:nikitatsu@dogobeer.co.jp
 
松山商工会議所会頭賞 大豆まるごと豆腐 「一豆一魂」
(株)ルネッサ
写真 ●内容量300g ●168円〜188円(税込)
大豆を超微粉砕し、産業廃棄物として処理されるオカラを出さず、大豆を丸ごと使った新製法で作った充填豆腐。従来の製法では含まれない植物繊維が豊富で、レシチン、サポニン、イソフラボンといった「健康」や「美容」に良い栄養素がそのまま含まれます。大豆本来の自然の甘みと香りが味わえる豆腐です。

● 問い合わせ先
(株)ルネッサ
松山市菅沢町甲1023-1
tel.089-977-0988 fax.089-977-5280
http://www.rnss.jp
e-mail:info@rnss.jp
 
優秀賞 伊予の鯛飯
(有)荒井鮮魚店
写真 ●外箱140mm×170mm スープ140g、鯛身40g
●1,260円(税込)

郷土料理として瀬戸内海の天然鯛を使用し、鯛の風味・味を活かした魚屋が作った鯛飯です。色は白く上品に仕上げました。また、賞味期限は常温で6ヶ月持つため、お土産にも最適です。

● 問い合わせ先
(有)荒井鮮魚店
松山市鴨川1丁目1-9
tel.089-923-1137 fax.089-923-1655
http://monjutei.jp/
e-mail:arai@monjutei.jp
 
優秀賞 ちりめん山椒
(株)昆布森
写真 ●195mm×120mm(30g入り)
●300円〜400円(希望小売価格・税込)

愛媛県産ちりめんと京都老舗七味屋の高級品種朝倉山椒をコラボレーションさせました。こだわりの調味料には久万高原町の本醸造薄口醤油に京・宝酒造の本味醂と清酒をブレンドしました。仕上げ工程は当社独自の送風乾燥技術を駆使し、天日乾燥の風合を持った、ちりめん本来の魚の香りと白さを維持しました。従来の茶色の佃煮的商品を越えた本物の逸品です。

● 問い合わせ先
(株)昆布森
伊予郡松前町西高柳251番地
tel.089-960-3355 fax.089-960-3356
e-mail:info@konbumori.co.jp

※製品情報は平成21年12月、表彰時点のものです。製品に関する最新情報・お問い合わせは各問い合わせ先までお願いします。

トップへもどる